1. 無料アクセス解析

ホルスト・ヤンセン展

ヤンセンチラシ

北風びゅんびゅんだった寒い晴れた日。
八高線なんかにも乗って八王子市美術館の
「ホルスト・ヤンセン展~北斎へのまなざし」に行って来ました。

1995年に66歳で他界したハンブルクの画家なんだけど、本物を見たのは初めてでした。
むかーし絵の予備校で先生に「色遣いがヤンセンみたいだね。見てみたら?」とか言われて画集を見たときは、エゴン・シーレみたいだなーって思ったんだけど、今回ネットでも検索してみたら、結構自分の絵に似てる、って思ってる人がいっぱい出て来て面白かった。
たぶんそれは、彼の絵が鉛筆に淡彩といったドローイングが多いせいかもしれませぬ。
今回の展覧会では、初期の画学校時代の木版画からはじまって銅版画やドローイングなどが150点ぐらい展示してあってなかなかお腹いっぱいでした。
北斎の春画をモチーフにしたようなエロ画もなかなかよかったけど、エロさではシーレの勝ちかも?
「死とエロス」とか「解剖学的な視点の素描力」とかいろいろ言われてるらしいけど、なんにせよ見ていると、自分も絵を描きたくなる不思議な魅力に溢れていました。

ズージー
ズージー    1958年 銅版画

鳥博士への提案
鳥博士への提案 1963年 鉛筆、色鉛筆

フリーデリヒ
フリーデリヒ  1977年 ペン、水彩

フュリス
フュリス 1984年 鉛筆、水彩

残念だったのはそれほどお金が無かったらしく、ちゃんとした図録がなかったこと。
この展覧会に併せて出版された「画狂人ホルスト・ヤンセン」(平凡社)を買ったけど、やっぱり図版がイマイチだった・・。

八王子市夢美術館での展示は22日までですが、埼玉近代美術館に巡回するそうです。(4/5~5/21)
← 「北斎」展見物記 ソノ2 「ベルヴィル・ランデブー」 →
  • 201704
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 201706
トラックバック
この記事へのトラックバックurl → http://murakamit.blog71.fc2.com/tb.php/14-37e611eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント
コメントの投稿
 ※コメントの再編集・削除時に必要となります。
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。