1. 無料アクセス解析

「資生堂・サントリーの商品デザイン展」 &「阿修羅展」

資生堂・サントリーのデザイン 阿修羅展

思っていたより旧岩崎邸でゆっくりしてしまった。
不忍池はなぜだか足こぎボートで満杯。そんなに楽しいのかな。
上野公園を抜けて、午後5時に芸大陳列館に到着。
奥様が見たがっていた「資生堂・サントリーの商品デザイン展」を見る。
戦前から現代にいたるサントリーと資生堂の商品展示なんだけど、入場無料だってのにかなりの量の展示。 特に資生堂のデザインは戦前から今に至るまでカッコイイと再認識。 モダーンなのである。
なかなかいい展覧会だった。興味ある方はこちらから。

 東京芸術大学大学美術館サイト


午後6時東博着。入り口に「阿修羅展30分待ち」の貼紙。
予定通りまず先にいつものコースで本館の常設展示を見る。
大好きな菩薩立像がお出迎え。国宝室は普賢菩薩。本館全体が絵巻物特集っぽくて源氏物語などの絵巻や屏風がいっぱいあった分、それほどめぼしいものはなし。

午後7時平成館へ。
午後8時閉館なのにまだまだ続々と人が入って行く。
第1室は宝石やガラス玉や和同開珎など。
みんなガラスケースにへばりついて見ているのですっとばして第2室へ。

華原磬(かげんけい)っていう龍と獅子で構成された真ん中に銅製の金鼓をはめ込んだ仏具が素晴らしく欲しかった。画像と解説はこちら

 興福寺:銅造華原磬(どうぞうかげんけい)

第3室は八部衆と十大弟子の立像の間。
みんな天平年間の乾漆仏。十大弟子の中で一番若い須菩提立像は素敵だったけどそれ以外はまあまあ。なにしろ人がいっぱいでわさわさしてたしなー。

それから、トンネルを抜けて阿修羅の間へ。
入ってびっくりすごい人。レオナルドの「受胎告知」のときと同じような一室一点展示で、暗がりの中まずはスロープから阿修羅を見下ろす(っていうか同じ高さらしいけど)。そこにびっしり人だかり。
見下ろす阿修羅は4重くらいの人の輪の真ん中で強いライトを浴びてさらし者という感じ。他の八部衆と同じサイズのはずなのに思ったよりも遥かに小さく感じられた。

せっかくなのでするすると輪の中へ入って行って最前列で見ていたら、隣に屈強なスタッフが入って来て「動いてくださーい。」とぐいぐい時計回りに押し始める。見上げながら押されまくって腰が痛い。うるさい。女の子が押しつぶされそうになって悲鳴をあげる。いやはや、大変な騒ぎ。これがほんとの「阿修羅地獄」?w
しかも一周して見てみたけどやっぱり阿修羅は天平仏。そのシンメトリーな造形は正面から見るのが一番なような気がした。「左右の顔は正面に比べてちと手抜きっぽかった」とは奥様の弁。スロープつきの一室一点展示にして、さもご大層な見せ方をするからみんなつられて逆に動かず大混雑。なんか間違ってる。

阿修羅の間を出てロビーを抜けて第2会場へ。
こっちは鎌倉時代の仏像がお出迎え。
運慶の父、康慶作の四天王はどれも踏みつぶされた邪鬼が素敵。にらみを利かせる四天王の動きや風にたなびく装束の表現は運慶ほどではないものの、さすがは鎌倉バロックといったかんじ。でもこれって、今のフィギュアの表現とまったく同じだなーって改めて思う。
その次は4メートル弱とバカでかい作者不詳の薬王・薬上菩薩。デカかったせいなのかなんなのか、かなりよかった。その後は運慶作とされる仏頭と、雲中ならぬ飛天。どれも欠けていてちょっと痛々しい。中でも仏頭は前部の螺髪がかなり取れていて悲しい。

最後の部屋はなんとバーチャル映像による阿修羅像の上映室!
普通ビデオ上映は会場の外の下の部屋でやるのに・・・。
これで全ての展示が終わりとはびっくり。ぼったくりとは言わないまでも予想以上のスカスカさ。 たしかに「阿修羅展」って名前だったけどさー。
図録も見てみたけど、点数少ない分もう写真集というかんじだったので買わなかった。グッズコーナーに群がる人々の大半は若い女性。なんでも阿修羅のフィギュアはとっくの昔に完売だそうだ。

奥様と合流して一応もう一周した。
ライブハウスさながらの阿修羅の間では「こんなライティングじゃほんとの色が全然わかんない。映像の方がよっぽど良く見える。大体阿修羅ってそんなにいいかねえ」と奥様文句ぶーぶーw

閉館時間になって外に出ると入口の大きな阿修羅展告知ポスターの前に人だかり。暗がりの中、みんな携帯でポスターの阿修羅様を撮っている!そのほとんどが若い女性。あまりのことに笑ってしまったけど、このミーハーぶりは一体なんなんだろう。

みうらじゅん的仏像鑑賞は面白いと思うしいいんだけど、それがスタンダードを通り越してアカデミックっぽくなってるのはなんだかとても異常。仏像展や禅寺展でいつも思う事だけど、この盛況ぶりを外国人が見たらきっとどんなカルト宗教かと思うだろう。
でも、僕も含めて敬虔な仏教徒などはほとんどいないこの不思議。フィギュアオタクならぬ仏像オタクが群がるならまだわかるとしても普通っぽい女の子たちが、さながらアイドルを見にくるように仏像を鑑賞する。「癒し」とかなんとかそういうことなのかな?
どっかの社会学者かなんかに解説してもらいたくなる。


上野駅アトレの韓国家庭料理屋へ。石焼ビビンバなど食べる。おいしかったけどドリンク無料券を使っても二人で6000円以上したのはちと高かったかな。
うまいこと雨にあわずに午後11時帰宅。 ちかれたー。

← 旧岩崎邸庭園 「Oh! Radio」 →
  • 201707
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 201709
トラックバック
この記事へのトラックバックurl → http://murakamit.blog71.fc2.com/tb.php/189-fbaacd49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント
コメントの投稿
 ※コメントの再編集・削除時に必要となります。
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。