1. 無料アクセス解析

「TOKYO EYES」~懐かしき東京の世紀末

TOKYO EYES glass
ジャン=ピエール・リモザン(Jean-Pierre Limosin)監督 
1998年 フランス, 日本

フランスの監督が日本の俳優を使って撮った
下北沢を舞台にした世紀末の東京の映画。

春に旧友たちと会ったときに「外国人が撮った日本映画」の話になって
この映画も話題にのぼったんだけど、そのときにはタイトルすら思い出せず。
後日、昔録画したビデオテープを発見。
武田真治と吉川ひなののボーイミーツガール映画だった。
公衆電話の順番待ちをしているかと思えば携帯が出てきたり
服装チェックをするディスコが登場したりとそんな時代の東京物語。

見終わってからネットで調べてみたら
「フランス人が撮ると東京がこんなにオシャレになるんだ」
などという公開当時の意見も見かけたけれど
逆に今じゃ無駄にスタイリッシュに撮るヤカラが増えたよねーw

ヒロインを演じる吉川ひなのは見事な大根で、鈴木清順へのオマージュであろう
武田真治に目玉を舐めてもらってゴミを取るシーンなんかを台無しにするのだが
天然キャラの素のまんま、自由奔放に共演者をたじたじにするアドリブばしばし
決めて、空気壊しまくりのフレンチロリータと言ったオモムキがとてもよい(何)

TOKYO EYES hinano 1
TOKYO EYES hinano 2TOKYO EYES hinano 3

公開当時は現代版「勝手にしやがれ」などと言われていたそうだ。
確かに武田真治はかなり色っぽい。

TOKYO EYES takeda 3
TOKYO EYES takeda 2
TOKYO EYES tadeka 1

どっちかっていうと「汚れた血」や「ポンヌフの恋人」を撮った
レオス・カラックスっぽいかも?
でもそれよりももっと近いのは、テレビ版の「探偵物語」だったという不思議。
なんというかあのテキトーな空気感が、この映画にもざわざわとうごめいている。

それとも、もう既にこの映画の東京は「古き良き東京」なのか。
外人でもなければ上京組でもなく、演劇やってるわけでもなし
特に下北沢には思い入れないんだけどねーw



「TOKYO EYES」予告編


ビートたけし演じるダメヤクザも素敵。


トラックバック
この記事へのトラックバックurl → http://murakamit.blog71.fc2.com/tb.php/192-638b05fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント
コメントの投稿
 ※コメントの再編集・削除時に必要となります。
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。