1. 無料アクセス解析

「サマーウォーズ」

summerwars.jpg

一度八月に見に行こうとして満席で入れなかった 「サマーウォーズ」を今日はようやく見てきました。 しかしなんでこんなに混んでるんだろう。そんなに宣伝してんのかな?
上映1時間前にチケット買ったんだけど、それでもあやうく入れないところだった…。
オタクあり、普通のチャラチャラしたかんじの若者ありとごちゃまぜな客層だったけど、どっちにしても女の子が多かったかな。

見たのは新宿バルト9っていう丸井の上にあるシネコン。
ってかシネコンってほとんど入ったことなかったけど、前の座席の人の頭は邪魔にならないし椅子もいいし 、やっぱ古い映画館とは違うのねんー。
4時ぐらいの回は、どの映画も毎日1200円っていう試みもなかなか良し。

でも、400席そこらの箱に対して音量が無駄にでかすぎ!残響音がほとんどないデッドな音響設計と相まってか、映画館というよりは巨大なテレビを見ている気分になってしまったじゃん。

で肝心の映画は、というと。
よかったんだけど、残念ながら「時かけ」には及ばずといったかんじだった。
気合い十分てんこもりなのはよくわかったし、まあ見応えもあったけど、やはりこの監督の繊細な演出は、壮大な話よりも小さな話に向いているようなそんな気がしました。
なんかジブリとか意識しちゃってるのかなあ、なんて思ってたら「ポスト宮崎」とか言われてんのね。…やれやれ、というかんじです。
肯定的に描かれていたはずのバーチャルワールドもあからさまに村上隆っぽくて、なんかちょっとだめだったんだよなあ… 。

それでも中盤の、朝顔の鉢がたくさん置かれた長い縁側をゆーっくりとパンするシーンで静かにわきたつ入道雲とか、どうしようもなく馬鹿馬鹿しい決戦のシーンとか、なんともめでたいお葬式のシーンとか、あとは、おばあちゃんとか、おばあちゃんとか…
ほんとに大好きなところはたくさんあって、やっぱこの監督はアニメというよりはなんだかとっても映画的なんだなあと思ったです。つーかこの群像劇は、まるでマキノ映画じゃないか。そういやあ富司純子だしコイコイだし…(エンドレス)

次回作にさらなる期待!

summerwars2.jpg



関連text:
 「時をかける少女」

 
トラックバック
この記事へのトラックバックurl → http://murakamit.blog71.fc2.com/tb.php/195-ab5aa324
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント
コメントの投稿
 ※コメントの再編集・削除時に必要となります。
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。