1. 無料アクセス解析

「トゥルー・クライム」

True Crime

お祭りから帰ってきたらテレビでクリント・イーストウッドの映画をやってたのでそのまま最後まで見る。

黒人の冤罪をはらすべく奔走するスケベでクズでアル中な記者のクリントのダメ男ぶりがかわいいのです。

調べてみたらもう7年も前の映画で「ブレア・ウィッチ」とか「御法度」とかと同じ頃でした。
地味な佳作なんだろうけど当時劇場でやっぱり号泣した覚えが・・・

結末わかってるのにやっぱり今回もグリフィスばりのラスト・ミニッツ・レスキューにじりじりさせられました。
やっぱどうしたって圧倒的なのです。

ただ野沢那智らしきアテレコには最後まで違和感が・・・
どうしても声を聞くとブルース・ウィルスが出てきちゃうんだもん。
まだ小林清志(次元大介)のがしっくりくるなあ。

硫黄島を舞台にした新作は来年になるのかな。



クリント・イーストウッド関連のtext
アカデミー賞のクリント・イーストウッド
クリント・イーストウッドのインタビュー番組
「a Perfect World」
「ミリオンダラー・ベイビー」 ~七夕のハートウォーミング~
「父親たちの星条旗」
「硫黄島からの手紙」 ~悲情から非情へと向う、ただ独りきりの行軍~
「チェンジリング」~終わることのない、恐るべき現実の中で~
「グラン・トリノ」にうってつけの日


テーマ : ハリウッド映画 - ジャンル : 映画

トラックバック
この記事へのトラックバックurl → http://murakamit.blog71.fc2.com/tb.php/21-9b246886
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント
コメントの投稿
 ※コメントの再編集・削除時に必要となります。
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。