1. 無料アクセス解析

若冲と江戸絵画展

0713東博

梅雨明け前だというに炎天下の中行ってきました上野東博。
まだ結構空いてました。行く方はお早めに。

どんな絵が展示してあるかは公式ブログを参照で。
展示してある絵が多分全部載ってます。

このブログを書いてるジョー・プライスっていう蒐集家は、
なにしろ若冲が大好きで、日本人がその魅力に気がつく前に
いっぱい買い集めてアメリカに持ってっちゃったそうです。
というわけで、今回の展覧会はプライス・コレクションの
日本里帰り&お披露目ってかんじかな。

若冲自体は展覧会の名前ほどにはいっぱいはなくて
1ブースのみだったけど、皇室が持ってる「動植綵絵」の元になったような絵もたくさんあったし、力の抜けた水墨の屏風が特によかった。洒脱!

花鳥人物図屏風/伊藤若冲

それから、いつも通り平成館の2Fでの展示なんだけど、
うっかりすると1Fのワークショップコーナーの展示を見逃すのでご注意を。こっちは常設展のみの料金でも見れてしまいます。

唐獅子
写真の唐獅子はワークショップコーナーにての展示。



伊藤若冲関連のtext:
 花鳥-愛でる心、彩る技 <若冲を中心に> 第2期
 花鳥-愛でる心、彩る技 <若冲を中心に> 第3期
 花鳥-愛でる心、彩る技 <若冲を中心に> 第4期
 花鳥-愛でる心、彩る技 <若冲を中心に> 第5期
 若冲と江戸絵画展
 静岡県立美術館「時代を超える個性」展
 京都 相国寺承天閣美術館 「若冲」展

トラックバック
この記事へのトラックバックurl → http://murakamit.blog71.fc2.com/tb.php/23-b52aba81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント
コメントの投稿
 ※コメントの再編集・削除時に必要となります。
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。