1. 無料アクセス解析

東博常設展観覧の巻

秋雨の合間を縫って行ってきました上野東博。

大騒ぎだった若冲展も終わった常設のみの展示だから
空いてるだろうと思いきや案外盛況でなぜかちょっと嬉しい。
常設展示だけなのに入場料420円は高いよなーと思ったけど
結構お腹いっぱいになりました♪

今日の目当ては「日本の博物学シリーズ 特集陳列 博物図譜-写生とそのかたち-」
公式サイト

写真撮りまくるぞーっと思っていたらバッテリー切れ。。_| ̄|○
展示替えした後期(9/20~10/15)にリベンジの予定・・

デッサン狂いまくりなのにめちゃくちゃ羽が細密描写な鳥なんかもありましたが、蟹、ふぐ、野猫、桜大根などがすごくよかった。中島仰山、服部雪斎、関根雲停、田中房種などまたお気に入りの絵師が増えました♪

博物図譜以外では、酒井抱一の屏風絵がよかったなー。
もともとは尾形光琳の風神雷神図の裏に描かれていたらしいのですが、屏風を閉じると外側に露出してしまい傷みやすいとのことで昭和49年に分離して独立した屏風にしたそうです。

夏草図屏風 酒井抱一筆
こちらが夏草。

秋草図屏風 酒井抱一筆
こちらが秋草。


雷神の裏に夕立に打たれ頭を垂れる夏草を、風神の裏には野分の風に吹きあおられる秋草をと、対応させて描いたとのこと。
若冲なんかもそうだけど生きとし生けるものに仏や神を顕すってことなのかな。
オモテ面の風神雷神図の金箔に対しての銀箔も渋くてよいかんじ。
展示期間は9/18までなので、ご覧になる方はお早めに。

それと東洋館の 特集陳列「中国書画精華」の中の紅白芙蓉図がよかった。宗時代の絵なのですが夕闇に浮き上がるような花がとても幻想的でした。こちらの展示は10/1まで。

紅白芙蓉図 李迪筆 


あ、ちなみに9/18の敬老の日は年に一度の入場料無料の日なので近くに行く方は是非立ち寄ってみてくださいませ~。

10月からの仏像の企画展も楽しみだー!



関連text:
 東京国立博物館 「博物図譜-写生とそのかたち-」後期展示
 東京国立博物館 「特集陳列 旅と街道」&特別展「仏像」
 東京国立博物館 「光彩時空」& 法隆寺館、本館常設展
 東京国立博物館 平常展無料観覧日 ソノ1
 東京国立博物館 平常展無料観覧日 ソノ2
 東京国立博物館 平常展無料観覧日 ソノ3



関連外部リンク:
 東京国立博物館 公式サイト



トラックバック
この記事へのトラックバックurl → http://murakamit.blog71.fc2.com/tb.php/26-b87b94f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント
コメントの投稿
 ※コメントの再編集・削除時に必要となります。
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。