1. 無料アクセス解析

ガスミュージアム

ガス資料館

うちから車で10分ぐらいのところにあるガス資料館。
明治時代から昭和までのガス器具の歴史とコレクションの錦絵を
一般公開している。入場は無料で、人はほとんどいない状態。

「くらし館」では明治から昭和までのさまざまなガス器具を一部手に取って見ることができる。
電気が普及するまでは照明から暖房からアイロンからなんでもガスだったんだなーと思いました。ガス漏れ事故とか起きなかったのかな。

ガスアイロン
やたらカッコいいけどめちゃめちゃ重いガスアイロン。スターウォーズで飛んでそうw

以下明治から昭和までのガス器具をランダムに。
カニ ポット あいろん 卵ゆで器 ストーブ コンロ コンロ 湯沸かし器
解説ページはhttp://www.gasmuseum.jp/search/index.html#anchor002の下の方から。


もうひとつの建物ガス灯館には、アールデコ風の内装でいろんなガス灯が陳列してある。
室内

ガス燈


2階はガスミュージアム所蔵の錦絵のギャラリースペースになっていて小林清親や三代目歌川広重などの風景版画が見れる。
清親の弟子に井上安治という人がいてこの人の版画も見れるんだけど、なんというかなんにもない絵。

気にしてなければつーっと通り過ぎてしまうかもしれない。
すべて絵葉書サイズの版画で見せ場の無い地味な絵ばかり。
逆に妙に気になる。武田花の写真の世界のような気もした。

杉浦日向子が初期の漫画で「YASUJI」という作品を描いている。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4480035575
うちの奥様がこれを読んで本物を見てみたいと思ったそうで、実はこれがガス資料館にでかけた理由w

というわけで帰ってから読んでみたよ。
江戸と東京の境目。からっぽの風景。
杉浦日向子の安治観がおもしろかった。
また今度あらためて安治を見に行こうかな。

ガス燈

← 清澄庭園 photoページもブログへ。 →
  • 201709
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 201711
トラックバック
この記事へのトラックバックurl → http://murakamit.blog71.fc2.com/tb.php/29-438f382a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント
コメントの投稿
 ※コメントの再編集・削除時に必要となります。
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。