1. 無料アクセス解析

東京国立博物館「特集陳列 旅と街道」&特別展「仏像」

平成館仏像展

東博のパスポートを買ってから途端に上野にでかける頻度が増えた。

3日からの連休の混雑を避けるべくどんよりと曇った空の下でかける。
夜8時まで開いていると油断したら午後四時到着。
残念ながら庭園はもう閉まる時間。

うーむ。


上野に着いた途端に腹が減る。
公園内をうろうろして動物園前で豚まんをゲット。
ぶたまん1
ぶたまん2
一個250円で結構大きくてなかなかうまい。
これで夜まで持ちそうだ。

東博に到着。まずはトイレ(爆)
本館をぐるりと回って裏側のトイレついでに(失礼)
16室の日本の博物学コーナー観覧。

「特集陳列 旅と街道」というわけで東海道膝栗毛や道中絵図、
旅行用心集、大名行列の木製フィギュアなどがありました。
大名行列

懐中日時計なんてのも展示された。
日時計
方位磁針付の日時計なんだけど雨降ったら使えないのねん。

などといいつつ現代版の日時計がひそかに欲しかったりする。
http://www.assiston.co.jp/?item=898

18室にいつもいるお気に入りの小鬼を覗いてから
連絡通路を抜けて平成館へっ
小鬼


年間パスポートは企画展ごとに一回だけは無料で観覧できる。
「仏像」というスタンプを押してもらって入口へ。

市原悦子の声のガイドも借りたかったけど500円するのでやめ。
平日の午後四時すぎという半端な時間だってのに
中は意外にも混雑ー。

今回の展示は一木から台座まで彫り出した仏像がテーマ。
奈良時代の20センチほどの小さな白檀の十一面観音から始まって
江戸時代の円空仏まで。
寄木がメインだった鎌倉仏は当然なくてそれがちょっと残念。

読売新聞主催だからか結構ポップな印象。
見仏記でも有名なみうらじゅんの講演会もあったようだし。
みうらじゅん的ブツマニアも結構見に来てるのだろうな。

俺はそれほどみうらじゅん的には見てないつもりなんだけど…
でも直立した仏(特に腕なし)を見るとやはりどうしても
そのままロケット噴射して真上に発射しそうにしか見えない。
う-むいかん。あれもこれもみんな飛んで行きそうでは無いか。
ろけっと仏像


かと思えば姿勢と目つきの悪い弥勒菩薩が「よぉ」と呼び止める。この仏たちはもしかしてみうらじゅんが選んだのかな。。
みろく


どちらかといえばみうらじゅん的な仏像が多い中で
11月5日まで展示されている国宝菩薩半跏像だけは圧巻だった。
でもこれは写真載せても伝わらないので載せません。

全然違うはずなんだけどバチカンにある
ミケランジェロのピエタを見たときの印象に似ていた。
いや、完璧なものって息が詰まるんだね。

7日からは国宝十一面観音菩薩立像が寺外初公開だとのことで
今回の展覧会の一番の目玉だそうです。
これも見たいなーと思ってたけど、それ以外の展示替えはなく
なんとなくアコギな感じがするのであきらめる事にした。
後頭部の大笑面がすごそうなんだけど、
まあカタログで見たのでいいことにするw

それに十一面観音は今回の展示でお気に入りを見つけたし。
その大笑面はとてもチャーミングでした。
後頭部の写真だけ載せておくので
もし見に行く人は探してくださいね♪ 
前期後期ともに出ています。
十一面観音


それからもう一個見たいと思っていたのが重文の宝誌和尚立像。
写真で見たときにはかなーりショックを受けました。
だって顔が割れて中から顔がもう一個出てきてるんだよ!
ほら!
宝誌和尚立像

でも本物は不思議とまったくグロくなくて自然。
不思議だー。袈裟がけした尼さんもしげしげと見てました。
販売コーナ-にはこの仏の顔がアップになってる
クリアファイルとか売ってたけどそれはどうなのだろうか?

と奈良平安仏が続いたあといきなり円空と木喰コーナー。
どちらも全国を旅しながら型にはまらぬ仏を彫った人だそうで
円空の名は知ってたけど、木喰は知らぬどころか読めなくて
モックイ?とか読んでたらモクジキでした(爆

円空仏は有名だけど本物を見たのは始めてだった。
本とかで見る円空の印象は朴訥とか原始的アニミズムって
感じだったけど本物を見てびっくり。
すごーくモダンでシャープでかっこいい!

一本の丸太を縦に三つに割って三体を彫った
トーテムポールのような仏は
合体すればまた一本の丸木になるそうだ。
お気に入りは写真の鳥のような仏でした。
円空

モクジキは最後の部屋を埋め尽くすほどいっぱいあったけど
どうも好きになれなくて悪趣味な印象。好みの問題なんだろうな。

本館の仏像の部屋や京都のお寺の静謐さとは全く違う雰囲気の
今回の仏像展。おもしろかったけどやっぱりポップすぎな印象でした。



※仏像展は写真撮影は禁止だったのでカタログからスキャンしてみました~

東京国立博物館 「光彩時空」へ続く)

関連text:
 東博常設展観覧の巻
 東京国立博物館 「博物図譜-写生とそのかたち-」後期展示
 東京国立博物館 平常展無料観覧日 ソノ1
 東京国立博物館 平常展無料観覧日 ソノ2
 東京国立博物館 平常展無料観覧日 ソノ3



関連外部リンク:
 東京国立博物館 公式サイト


トラックバック
この記事へのトラックバックurl → http://murakamit.blog71.fc2.com/tb.php/31-5d312790
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント
コメントの投稿
 ※コメントの再編集・削除時に必要となります。
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。