1. 無料アクセス解析

東京国立博物館 「光彩時空」& 法隆寺館、本館常設展 

光彩時空1

仏像展を見終わりカタログ買って外に出たらもうすっかり夜。
なにやら人が集まっていて野外でなにか始まりそうな感じ。

☆★★光彩時空 光と音が織りなす幻想夜景絵巻★★☆
東京タワー、レインボーブリッジなどの照明で脚光を浴びた照明デザインの第一人者、石井幹子氏のプロデュースによる光と音のイベント「光彩時空」。

本館、東洋館、平成館、法隆寺宝物館の6日間限定ライトアップをお楽しみ下さい。いつもとはまったく違う東博に会えるはず!
10月31日(火)~11月5日(日) 17:00~21:00
*ただし平常展、特別展ともに展示室の観覧は20時まで。特別展会場への入場は19:30までです。
*17:30から、各館の前で、尺八・箏・三弦・十七弦・笛・小鼓・大鼓・太鼓・ティンパニの演奏を順次お楽しみいただけます。


そういえばこんなメルマガが東博から来ていたっけ。
平成館前ではどうやらこれから野外邦楽演奏が始まる模様。

でも人多すぎなのでパスしてぶらぶら。

敷地内の樹や建物が色とりどりにライトアップされている…
とかいう程度ではなく、本館の壁面にはスライドで書や絵画がばんばん映し出されてるし、人はますます増えているようだしなんだか学園祭の夜のような気分になってきた。
光彩時空2
光彩時空3
ワインやピザが買える屋台が一個だけ出てたけど、もっとタコ焼きや焼きそばの屋台もあればいいのにー


ずっと修復作業をしていた表慶館もぴかぴかになってリニューアル。
表慶館

まだ中はなんの展示もしていなくて建物自体を見せる趣向。
邦楽演奏は10分ぐらい置きに各館の前で行われるから、移動のついでに表慶館にもぞろぞろ団体客のように人が入って行く。
表慶館階段

まだ学生の頃に見た表慶館は見た目立派な洋館でライオンが鎮座してお出迎えのくせに中はガラスケースに入った縄文式土器やアイヌの民族衣装や生活用具がそっけなく置いてあるだけ。人もほとんどいない地味ーな印象だったのにw

リニューアル後は室内楽などのコンサートが頻繁にに行われるらしいです。
表慶館天井

表慶館の裏口を出ると何年か前に立て直されてこれまた綺麗になった法隆寺宝物館へ続く道。東博の中でもちょっとはずれた裏手にあるこの建物は改築前は毎週木曜日しか開館されなくてほんとに地味の極みだった。
それが今じゃ最近流行のガラス張りのエントランスに小洒落たレストランも付いてる「ナウい」建物(爆)
法隆寺館
邦楽
宝物館の前でも邦楽が演奏されていてここも人がいっぱい。

新しくなってからも展示内容が渋すぎなためかあんまり人が入らない宝物館も、今日ばかりは賑わいを見せてました。
ガラスケースに収まった飛鳥仏がお出迎えだ~。
法隆寺館室内

宝物館の奥のブースでは伎楽面というお面の展示があって面白かった。
伎楽面1
伎楽面2
伎楽面3

これは今年の春に奈良東大寺で見た仮装行列のお面と同じかも?
東大寺行列

久しぶりの宝物館のダンシングクイーンズに見送られ(ピンボケ)また本館へ。
ダンシングシスターズ

本館前のユリノキは国内最大だとかで普段から素敵なんだけどライトアップもなかなかです。
ユリノキ1
ユリノキ2

http://www.geocities.jp/vovoseven/photos/200511/1/photo200511126.htm
リンク先は去年北斎展のときのユリノキ。NEXTボタンであと何枚か。
今年の紅葉はまだ先かな。写真の上でクリックすると大きくなります。

本館に戻って国宝室の観楓図屏風を見る。そのまま2階をぐるりと一周。
岩佐勝重筆の猿猴芦雁図がよい。
猿猴芦雁図1 猿猴芦雁図2

他には洛中洛外図巻という絵巻が面白かったです。(→東博サイト画像


展示は午後8時まででまもなく閉館。
外のライトショーは9時までなのでまだ人はいっぱいw
ユリノキ3
光彩時空4

正門前から入場せずに写真撮ってる人もいっぱい。
門を出て振り向けば本館の壁には仁王様w
東博正門


いや、満喫しました♪

2001年に独立行政法人となってデザイナーを立てて旧態依然の陳列をさっぱりとリニューアルしてからの東博は賛否両論かもだけど僕はとても好きだ。

まずは写真撮影可としたこと。
ホームページの資料も見やすくなり画像も充実していること。
そして美術展だけにとどまらずコンサートや映画イベントなど精力的に企画をして活性化に努めていること。

国が文化に金を割かなくなるのは寂しい事かもしれないけど税金頼みのまま、何もせずお宝11万点が苔むしてしまうには勿体なさすぎるもんね。

11月は猫の特集展示もあるし庭園も紅葉するし今年もまだまだ通うぞー!


関連text:
 東博常設展観覧の巻
 東京国立博物館 「博物図譜-写生とそのかたち-」後期展示
 東京国立博物館 「特集陳列 旅と街道」&特別展「仏像」
 東京国立博物館 平常展無料観覧日 ソノ1
 東京国立博物館 平常展無料観覧日 ソノ2
 東京国立博物館 平常展無料観覧日 ソノ3


関連外部リンク:
 東京国立博物館 公式サイト



トラックバック
この記事へのトラックバックurl → http://murakamit.blog71.fc2.com/tb.php/32-634b7284
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント
コメントの投稿
 ※コメントの再編集・削除時に必要となります。
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。